​この町の、この土だからこそ、できる農業を。

かく言う私自身もまた、被災者の一人。当時は山を見るたび憎しみにも似た気持ちが湧いたものですが、こうして専業農家として生活を築けている今では、この土壌をもたらした山に対し、感謝の気持ちを抱けるようになりました。そして、せっかくならこの山の恵みを活かしていきたいという思いもあり、作物を育むための文字通り土台である”土”を丹念に作り上げることに、力を注ぐようになりました。豊かな土が実らせてくれた桃や生姜で、広くみなさんに福をお届けすること。それが、ふくはちファームが考える農業の原動力です。

ここは長崎県南島原市深江町。人柄が温かく、年間を通して温暖で農業が盛んな地域です。町のどこからでも望める雲仙普賢岳は、平成2年に起こった噴火災害も記憶に新しい活火山。ひとたび暴れれば甚大な被害をもたらす一方、火山灰質の砂壌土に含まれたミネラルが、作物に恩恵を与えてくれてもいます。

そもそも”普賢”とは、お釈迦様の脇に文殊とともに立つ菩薩。慈悲深く、普(あまね)くところに姿を表しては報いを授ける、聖なる賢者なのだそうです。誰がいつの時代に付けたのか、とても含みのある名前を持った山なのです。

桃
ふくはちファームについて.png

福島農園は、噴火災害を機にふくはちファームとして生まれ変わりました。

土づくりと農業(文字).png

作物が生まれ持つ力を引き出す土を育てるのが、ふくはちファームの農業です。

桃のこと(文字).png

桃栽培の挑戦は、フルーツの里として成長していくための大きな第一歩でした。

生姜のこと(文字).png

生姜が喜ぶ養分豊富な土から生まれた、滋味豊かで体に良い逸品をどうぞ。

Copyright ©FUKUHACHI FARM All Rights Reserved.